スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー

ということで映画見てきました。
感想をさくっと言ってしまえば超面白かった!
いや、TVの記念回があんなんだったので期待してなかったのですがそれを見事に裏切ってくれました。

ということでネタバレ含む感想はいつもの通り追記にてw



・OP
モールイマジンと戦うオーズ。てかまたモールか、こいつら使いやすいんだろうなぁw
戦ってる途中に感じる違和感。遅れてきたアンクもそれに気付くようで……
このへんはアンクがタカの能力を使ってるのかな?と今更ながらに思いましたw<ヤミー判別
3対1でもライダーはライダー、モールイマジンを追い詰めるがモールは近くにいた少年を使って過去へ
この少年については色々あるのでまた後で感想を。
状況ができていない映司とアンクのもとにやってきたのはNEW電王こと幸太郎。
すっかり彼がメインになってきましたね、そろそろ健の復活もみたいんだけどなw
そしてテディが今回セリフ多いのに笑った、仮面ライダーマニアかお前はw

・40年前へ
モールイマジンは少年の記憶を頼りに40年前へ。
ここはとにかくモールイマジンを倒すシーンなんであっさりと。
どちらかといえばデンライナーの中でのアンクとイマジンたちの掛け合いがメインかなw
相変わらずイマジンはアホばっかw
で、今回の事件全ての元凶はアンクです。
爆発に巻き込まれたアンクの落としたセルメダルを拾ったのは戦闘員。
素直にブラック将軍に渡すのがかわいいですな。ブラック将軍なのにゲルショッカーじゃないのはこの際おいておくw

・戻ってきたら……?
元の世界に戻ってきて感じる違和感。
そして少年二人によるスリ。
ヨーロッパの手口を知ってる映司のすごさと、アンクの間抜けさが伺えます。節穴じゃねーかw
スリの少年を追ってやってきたのはスラム街、いつの間に……。
そこにやってくるのは警察。いきなりアンクを殴りつけるあたり狂気が見える。
その中身はガニコウモルとザンジオー!
警察だと思っていたものが怪人に変化するのは中々にショッキングです。
二手にわかれ、クスクシエに集合する映司だがそこは廃墟、名前がアミーゴってのが泣かせます。
アミーゴの中にいたのはスリの少年たち。
既に世界はショッカーの手に落ちていたという事実はかなり重いです。

・ショッカー大会議
悪の組織がこれだけ集まると爽快ですねw
何気に園咲パパンまでいるしw
ジャーク将軍が喋る間、後ろががしゃんがしゃん言ってる影月さんに笑うw
十面鬼とアポロガイストはディケイド仕様。ちゃんと声もそのままなのね。やっぱ「なのだ」なんだw

・VSショッカー
アミーゴに乗り込んできたショッカーから逃げるも子供を人質に取られる映司。
変身して仮面ライダーになるところ、それに対して子供達が懐疑的なところも印象的。なぜなら……。
響くバイクの音、やってきたのは仮面ライダー1号・2号!
ここで1号・2号が戦闘員の肩に手を置き「任せておけ」といわんばかりのシーンは正直絶望を覚えます。
映司もメダルを返してもらったおかげでラトラータで逃げるしかできないわけで。
逃げたあとにもジェネラルシャドウとかホント絶望ですよ。
でも、映司は諦めない。変身が解除されても「まだなんとか手が届きそうなんだ」って子供達に伝える姿は
仮面ライダーそのものを体現してると思います。

・メダルを回収しろ
ピンチにやってきたのはデンライナー!
なんとか映司たちを回収し、自分達は歴史の修復に再び40年前に戻るという。
映司を連れて行くことは出来ないが……ってアンクまたお前はwwwww
正直オーズの活躍するシーンはここから途中までなくなります。結構珍しいつくりをしてると思う。
やっぱりこの映画の主役はオーズでも電王でもなく、1号・2号なのかな。
最初の元凶のメダルは回収できたものの、その後のドタバタでまたメダルがばら撒かれる。
それを回収するイマジンたちがまたシュール。
特にキンちゃん、それ子供たち泣いちゃうでしょうがw

・最後のセルメダル
4枚目のセルメダルを拾ったのは自転車に乗った女の子。胸に下げているのは少年ライダー隊のメダル!
それを返してっていうのがまた怪人風の奴らなんだからショッカーと間違うのもわかるw
結局ここでショッカーにメダルを拾われてしまうわけです。

・ピンチのときに現れるものそれは
まぁ正直、このシーンこそこの映画のクライマックスと言って良いと思います(ぇ
メダル(まぁ偽物なんですが)をもって逃げるミツルとナオキ、トッコ。
シオマネキングと毒トカゲ男に襲われピンチ、「最後まで諦めるな」映司の言葉を引用するのが泣けます。
そこに響く「待てぇい!」の声!そう、ピンチのときにきてくれるのは仮面ライダー!
主題歌のインストとともに現れた二人の仮面ライダーの頼もしい姿に涙流さずにはいられませんでした。
「すげぇ。すげぇ!」って泣き笑顔で呟いてましたよw
またライダーキックがイカすんだ!キックが当たって、一度敵が立ってから倒れ爆発。これぞ昭和のライダーよ!

・ショッカーのアジトへ
発信機をもとにショッカーアジトを襲撃するという1号・2号。
「これを期にショッカーを壊滅させる!」という言葉遣いがとってもベネ。
NEW電王とモモタロスをつれてアジトへ向かうも、それはショッカーの罠!
狼男・イカデビル・ガラガランダ・ヒルカメレオンと幹部怪人がそろう上に、ショッカーグリードも誕生してしまう。
「いでよ再生怪人軍団!」って呼び出したのに強かったのにはビックリだw
ガラガランダやイカデビルはなんとか追い払えたものの、ショッカーグリードには歯が立たないライダーたち。
デンライナーもカメバズーカ(なぜこの時期に?まぁ好きだから良いけどw)襲われ現代に撤退することに。
1号・2号はショッカーグリードに圧されながらも「絶対に悪には屈しない!」と言い放ちます。
ここらへんの爆薬はほんと派手でシビれます。やっぱCGじゃ出せない迫力ってあるのよw
思わず降りてしまったナオキを助けるためにテディも40年前に残ることに

・絶望
なんとか現代に戻ってくるも幸太郎・モモタロス・シゲルを残してデンライナーは爆散。
ここからの絶望感はホントにガチです。
怪人に襲われベルトも取られる。
そしてテディを見つけるも既に……。
物言わぬマーチェテディに語りかけるモモの姿には泣きました。手だけになってるっていうのにねw
なぜか手だけになったモモもアンクと合体し(Mアンクはもうわけわからんことになってて爆笑w)怪人に立ち向かうも結局はつかまってしまう。

・公開処刑
つかまった映司・幸太郎・Mアンクは見せしめのために処刑されることに。
1000人以上のエキストラの前で怪人が集まる姿はどことなくショーに似ていてシュールでした。
いや、実際にショーなんですけどw
ここで子供達が映司にオーズドライバーを渡すために奮闘するのは良いですね。

・時代が望む時、仮面ライダーは必ず蘇る!
奮闘むなしくつかまるシゲル。そこに現れるのは1号・2号。
ショッカーのエリート怪人である彼らがシゲルに止めを・・・?
と思いきや、実は洗脳は解けていた?「悪の汚名を」と洗脳されていたフリをし、好機をうかがっていたのだ!
ここはちょっと強引だったかなーと思うけど、昭和ライダーならありだよね!
そして、オーズドライバーをショッカーに渡さないようにリレーする市民達、最後にドライバーをもったのは白衣をきたメガネの男性。
いやぁ、ささきいさおさん出てくれるとは思ってなかったのでびっくりです。
この時点ではただの友情出演だと思ってました。仮面ライダーに顔出しで出てたもんねw
そして群集の前で変身するオーズ!
しかし怪人の数は多く、4人だけでは歯が立たない……。
ここで市民達が「仮面ライダーを守れ!」という姿には胸が熱くなります。
ヒーローものはやっぱり力を持たない人が立ち上がる姿が一番かっこいい。
そしてその思いを受けて再びヒーローが立ち上がるのがかっこいいんだ!
「仮面ライダーは四人だけではない!」と現れるV3!宮内さんだぁ!
そして集合する仮面ライダーたち。いいなぁ、このエキストラさんたち。俺も仮面ライダーの名前叫んで盛り上がりたかったよw
オーナーはおいしいところもっていきすぎねw
「仮面ライダーの思いが彼らを復活させた」電王の設定便利だなーと思うけど、仮面ライダーならあり!
シンから名前言ってたのはオーナーだったのか(パンフで初めて知った)
でも、平成ライダーズは違和感あるの多かったぞw特に555~響の3人w
それぞれライダーが現れたときに因縁がある敵に攻撃してたライダーが多いのは芸コマですね
(Xがアポロガイストとだったり、ZXがタイガーロイドだったり)
ショッカーの余波は風都にまで!ってお前ら今まで何してたんwと言わんばかりに出てきた翔太郎とフィリップ!
でもかっこいいから許すw流石に二人が出てきたときには「おおっ!」って言っちゃったもんw
ヒルカメレオン撃破のときにタカ・トラ・バッタの全能力を使ってたのは良かった。
テディもちゃんと蘇ったし良かった良かった。

・ヒーローはライダーだけではない!
劣勢に退却するジェネラルシャドウ、しかしその前に現れた四人の戦士!
出てくるのは知ってたけど蛇足感あるなーwシャドウさんもこれに倒されるんは納得いかないだろうにw
宮内ボイスの「ズバット解決」で全てを持っていきすぎねw

・倒せショッカーグリード!
一度は一敗地に塗れ、屈したものの仮面ライダーは同じ敵には負けはしない。
強い敵を克服するのがライダーだ!といわんばかりにショッカーグリードと戦う1号・2号
いやぁ、やっぱりダブルキックはかっこいいわw

・倒せショッカー大首領
そして大首領は多くのライダー相手に大ハッスル。
ああ、これだけ集まるとライダーもモブ同然かw
そしてタマシーコンボ発動!串田ボイスで「ライダー魂ぃ!」は燃える!
まぁ、必殺技はキックであってほしかったんですけどw

・岩石大首領登場!
大首領が倒され、キングダークが出てきたときにちょいとデジャビュを感じましたw
ただ「キングダークだ」はXに言ってもらいたかったなぁw
しかしキングダークは前座、その後ろに出現するキングダークよりも巨大な影。
岩石大首領でかすぎだろwwwwww
そして現れるサブライダーたち!ってその中の何割かは正義とはかけ離れた人たちだとおもいまーす。
全員でのライダーブレイクはジェットスライガーの存在感が異常すぎてなんともw
40の形つくるのもかっこいいよりも、笑っちゃうような感じだったなーw

・ED
岩石大首領を倒し、平和が訪れる。
デンライナーも直ったことだし、40年前に残ったナオキを迎えに!
といきまいたところに「その必要はない」とやってきたのはオーズドライバーを最後に持った男性。
なぜかテディの名前を知ってるところで見てる人は気付くわけですが、サプライズ。
なんとシゲルのつかまっていた父親だった。
確かにショッカーに科学者としてつかまってるって話はしてたんですよね。
そして1号・2号の洗脳を解いたのも彼だった。
もちろんその正体は40年年を取ったナオキ。
彼は少年ライダー隊として過去に生き、やるべきことをやったのだ。
1号・2号のくだりは唐突感ありましたけど結構上手くくっつけたかなという感じ。
これで全ては終わり幸太郎たちももとの時代へと戻っていくのだった


という感じでした。
まぁちょっと勢いだけで進んで気になる部分は多分にあるんですw

・OPのナオキはなんだったのか
40年前の記憶をもった少年は確実にナオキです。
あそこのタイムパラドックスは考えれば考えるだけこんがらがってきますw
40年前の記憶があるのは40年前に確かにナオキも存在したから、しかしそれは歴史が変わっているのが前提で……うん、わけわかめw

・最初にオーズと戦ってた1号・2号は洗脳されたままだったのか
子供を攻撃しないところからちょっとおかしいなとは思ってたんですがこれも上のタイムパラドックスでおかしいことになるんですよねぇw

・歴史変わってなくね?
歴史の修正が見えず、最後は結局「一度はショッカーが世界を征服した世界」のまま物語が終わります。
比奈ちゃんと映司の思い出が途切れちゃってるんですが良いのか?

まぁ、「こまけぇこた良いんだよ!」で見た方が良いのかもしれませんw
とりあえず1号・2号のシーンは思い出すだけでもまだうるうるできますw




そんなこんなで過去最長の感想になりました。
暇と金があればもっかいぐらい見にいきたいなー。
ま、そういっていけたためしがないんですけどw
スポンサーサイト

テーマ : 特撮・戦隊・ヒーロー
ジャンル : 映画

コメント

非公開コメント

プロフィール

無法召喚

Author:無法召喚
卓m@sの隅っこに生息してる底辺Pです。
アイマス×特撮にも出没予定?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。