スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIVE THE@TER HARMONY01&02発売記念イベント 感想

ということで9th名古屋の興奮と疲れの冷めないままLTHイベント参加してきました。


前の週に車で往復1100kmとかバカなことやったので今回は高速バスで移動。
最後に東京まで高速バス使ったのってなんだかんだ言って7th以来だったので(SSAのときは車移動)サービスエリアが色々変わってることに驚きつつ昼前に東京駅到着。

会場は浅草橋駅近くのヒューリックホール。
事前物販の開始が12:30からということで名古屋の悪夢を思い出しつつも正午に会場到着。
うん、並んでたねねいっぱいw

さすがに始発組などが何百人といたわけでもなく1時間並んだ程度で目的のTシャツは買えたのでOK。
タオル?いや、さすがにライブで買ったタオルがもう4~5枚あるのでさすがに良いかなと。いや別に給料日直前の上に名古屋で散財したから予算が無かったわけではないですよ?ええ。
ただ、やはり売り切れが出たというのは驚きだったり。
会場限定グッズがイベント参加者に行き渡らないという状況はどうにかして欲しいところですよね。
まぁ、ただ数を増やせば良いって問題でもないので難しいのはわかるんですが。

物販後は軽く食事をしてから14:30の開場を待ちます。

今回は整理番号100というキリの良い数字。
いや、だから何かがあったってわけじゃないですがw
それでも参加者400人なので結構前の席を取れたのは良かったかなと。
自分が席についたあとも10分ぐらいは最前列が空いてたのは解ってたんですが演者の正面+端っこの椅子ってのは結構大事なポジションだったのでちょっと後ろぐらい(それでも6列目ですが)で妥協しました。
自分の目の前に自分よりでかいP(自分が172cm)がいたのは誤算でしたがw

イベント開始を告げる曲はGrowingStorm!
曲始まりなのは何故か予想してたんですが、「イベントへようこそ!」の意味を込めてのWelcome!だと思ってましたw
何よりこの曲で何が快挙かってミリオンイベント史上初のユニット勢揃いでの歌唱ってことなんですよね。
LTPのユニット曲はAS組が必ず入ってる都合上ミリオン単独イベントでは揃うことはないし、LTP発売イベントでも全員が揃ったことはなかったんですよね。
一番勢揃いに近かったのが中野ライブでのBlueSymphonyでしょうか。
残念なのが前説のえいちPから「ユニットが揃うのは今回が最初で最後」と明言(?)されてしまったことか。

曲が終わると自己紹介をしてコーナーに。
今回の企画はユニットの息を合わせられるか。
テーマは「Pに教えてもらいたい教科」
ナンスが漢字弱いってのはトラハモでよく言われてましたけどプロの声優が揃いも揃って「読めない」「読めない」をいうのはどうなのかとw
それはともかくとして結果は5人全員が「数学(あべりかさんだけさんすう)」と書き正解。
ご褒美スイーツゲット!
まぁ、ここらへんはミリオンらしいクロストークで内容が全然わからんw
ナンス「三角関数とか全然わかんない」ミック「わかる~!」おいLJKw
こちま「三角分解とか全然おぼえてない」分解ちゃうしなw

歌パートに入り、トップバッターはイベント初参加のあべりかさん。
イベント初参加ということもあり、さすがに緊張を隠し切れない様子でしたがかわいらしさは満点で何度ハートを撃ちぬかれたかわからないぐらい。
欲を言えばPOKERPOKERも聞いてみたかった!

2番手はナンス。
相変わらずのハイテンション曲もさすがの調子で歌いきってました。
が、まだまだ課題が残るしそれを超えて行きたいと力強い宣言。本当に高校生なのかこの子は。
しかも中野であれだけすごいものを見せたHappyDarlingに関しても「完成形に近づいた」とまだまだ向上心があるのは素晴らしい。
応援するよ!

3番手はミック。
スパルタダンスレッスンで有名なStylipsのメンバーなだけあり、間奏だけながらも見せたダンスはさすがのキレ。
百合子というおとなしくダンスが苦手というキャラにしておくにはもったいない感じもしますがだからこそ映えるものもあるんだろうなぁ。
風の戦士ポーズもビシっと決まってかっこいいんだw

4番手はこちま。
つばってぃーの力を借りたいとスターライトステージに近い衣装を着てきたこちま。
つばってぃーのカードをあまり持ってない自分でもその完成度が高いと解りました。
他のメンバーに比べて一人ギラギラで目立つんですがそれが似合うこと似合うこと。
そして新曲のBelieve my change!の格好良さがまたなんとも言えない。多分こちま本人としてはこっちの曲の方が歌いやすいんじゃないかなとは思いました。結構歌唱パートが変則的で難しいのにねw
あとポニテが動く動く。

トリを務めるのは我らがリーダーぴょん吉。
正直中野ライブを乗り越えたぴょん吉ならこの程度のイベントなどいつものラジオの延長線だろうと思ってました。
が、未来飛行の後半から様子がなんだか涙ぐんでる?
曲の煽りは素敵なキセキ以上の煽りでようやく名古屋のダメージから回復しかけた喉をまた潰すところでしたがw
曲が終わったあとのトークパートで今まで30回近く歌ってきた素敵なキセキからまた色の違う未来飛行を歌うことへの不安を語ってくれました。
かなりの回数のイベントをこなしたぴょん吉でも不安になることがあるんだなと軽くもらい泣き。
そしてまた上がる繪里子株w
ぴょん吉本人のPを信じてよかったとかもそうだけど赤い人は基本トークがずるいw
全員が揃ったときに涙を拭きに一度退場といつかのライブを思い起こさせることもw
ぴょん「ころあずみたいなことを・・・」ミック「懐かしいなぁ、パシフィコ・・・」そうだよね、ミックもいたもんねあの現場w

ラスト曲はもちろんWelcome!。
Aメロのおしりを振るダンスがめちゃくちゃ好きなんです。
相変わらずの思い出ボム曲でほんといい曲ですよ。

そんなこんなであっという間の1時間でした。
なんでLTPのころから応募し続けなかったかなぁ。1回ぐらいはチャンスあったんじゃなかろうか。
過去の自分を叱りつけたい気分でいっぱいです。

次回のLTH03・04ももちろん応募する予定です。目指せTシャツコンプリート!
スポンサーサイト

THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!! 名古屋公演感想※2日目のみ

ということで、ライブ参戦してきたので感想いきます。


初参戦ライブが6th東京(10人)、その後7th(13人)、SSA(35人)と見てきたので今回の6人というのは少なすぎると正直思ってました。
アイステでディレ1が「今回のテーマは「これぞ765プロ」」と発表したときも「だったらもうちょい人数揃えろよ」とすら思いました。
一応途中からは「まぁ、人数少ないなかであれこれやるのも765プロらしいと言えばらしいかな?」と思うようにはしましたが。

結論:ごめん、俺が間違ってた
映像参加も合わせればAS組全員参加、6人で32曲4時間以上の長丁場。まさに765プロ。

トロッコのお陰ですべての席が神席となる演出は素晴らしいでは足りないぐらい素晴らしかった。(場所は選ぶんでしょうけどね)
特に俺はアリーナ20列目、60番台だったので自己紹介のときにはらみんじゅりの三人がほぼ目の前。
マイクで拾う前の声が直接聞けるという位置に感謝。
初参戦の6thのときに最前列という奇跡を体験して以来、あまり席に恵まれなかったので参加できるだけの運だけ残して6thで使いきったかなと思ってたんですがほんと良かった。
気持ち的には6thのときより距離が近く感じました。ガールズみんな顔ちっちゃかったなぁ。

さて、ここからは個別に感想を


・物販
名古屋限定の青Tが直前で完売しました・・・あと30分早く参加してれば・・・ホテルでうだうだ悩んでた自分がバカだった・・・
黒TもMしか買えなかったしなぁ。入ってよかったよ。
よくよく考えれば黒しか買えない時点で通販に決めても良かった気がするけど、あの場で買うってのが大事だよなと自分に言い訳。

・レイヤーさん
アイマスライブではよくコスプレイヤーさんを見ますが、私服の響と真美をやったレイヤーさんの完成度がすごかったのが印象的でした。
最初本当の私服かと思って「髪型すごいなー、衣装はこれからなのかな・・・あれ衣装じゃん!」と二度見してしまいましたw
あとJupiterが揃ってたのも面白かったですw

・中村先生
いや、ほんとこの人はずるい。
前半終了のトークでは「下手か!」なんてツッコミを受けるほど雑なトークしたと思いきや自分のパートでは急にしおらしく今までの道程を噛み締め、こちらへと感謝を述べる。だからこそこの人についていきたくなるのかもしれない。
これまでのライブの定番であった乙女よ大志を抱け!をあずみんのカバー曲として提供したためか今回は封印。
それでも春香らしさを十分に出せるSTART!!、格好良さのVault That Borderline!、そして締めとして歌い上げるさよならをありがとう。
特にさよならをありがとうは7thのときよりも春香が降りていた気がします。
降りていたというよりはトーンを春香寄りに変えたかな?と。7thのときは地声に近いちょっと低めで歌ってましたからね。
どっちも好きだけど。

・ミンゴス
ミンゴスは先生のトークをずるい と言いましたがミンゴスのトークも相当だと思いますw
てか、最後の挨拶のアレは何さ。完全にプロポーズじゃん。
もうえりんごすは結婚すれば良いじゃん。
もうえりんごすは結婚しちゃえば良いじゃん。

大事なことなので大きく二回書きました。
5th以来となる蒼い鳥、すなわち俺は生で聞く初めての蒼い鳥。TVアレンジとは言え、さすがアイマス創世記を支えた名曲だなと感じました。
カバー曲がFirst Stageだったのもちょっと胸に来ました。
雪歩の声優があずみんになってはや4年、俺のアイマスの出会いが2008年の頭ぐらいだったことを考えると雪歩の思い出は半分以上あずみんのものなのですが、この曲とKosmos, Cosmosに関してはやはりゆりしーのイメージが強いです。
Kosmos, Cosmosも大阪であずみんが歌ったりと、ゆりしーもまだ仲間なんだよ というメッセージなんじゃないかというのはただの妄想でしょうか。
まぁ、それを考えるとミンゴスのプロポーズもちょっと意味深な感じもしますけどね(「私達は諦めずに~」のくだり)
それはさておき、この曲のときにゲームのダンスをきちんと取り入れてたのはニヤリとしたし、むしろそれこそアイマスライブの原点だなぁとも思いました。

・ひろりん
ほんとにこの人は経産婦なのかwいやSSAで既に経産婦なんだけどさw
声は力強いし、踊りは力強いし。待ち受けプリンスのセリフは卑怯にも程があるw
そして何よりラ♥ブ♥リ♥のかわいさよw
あと、ひろりんにはごめんなさい。おもいでのはじまりは曲が流れた瞬間に、アイマスタジオの会話が脳内再生されて感動しつつも「中村ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」って思ってましたw
そしてトークパートでまさかその話題に触れるとはw
埃事件とかも、そういうとこまで含めて765プロだなぁと感心しちゃったよw

・あさぽん
HHBでの名古屋煽りとか、リゾラでの水着のくだりとかほんとライブを楽しんでる感じが素敵。
バンドメンバーいじりなんかはまさに双子のいたずらそのもの。
スタ→トスタ→でまさか公式ででかでかと「とかちすかとかちす」とか出すとは思わんかったw
HHBからスタ→トスタ→で盛り上げておいて、微笑んだから、気付いたんだ。で大人っぽく締める。
双子はずるいよ、何をやっても許される。

・じゅりきっつぁん
ほんとに経産婦かあんた(その2)
というか、出産後のライブが年々ノリノリになっていってる気がします。まぁ、ノリが昭和なのはご愛嬌ということでw
自分は前述の通り6thからの参加でそれ以前のじゅりきっつぁんはラジオのゲストぐらいしか知りません。
ただ、ひどく緊張しいの泣き虫だという噂は常々聞いてました。
そんな人がここまで大舞台でノリノリになれるのかと。
ID:OL→空→光のコンボはもう全部が全部涙腺に来てほんとやばかった。バネPのラップも聞けたのは良かった。

・はらみー
毎度毎度言いますけど、双子でトーク担当と歌担当で分けてるんだよね?w
そんな与太話はさておき、彼女に関してまずいうならNEXT LIFE最高。
実は大阪公演後にあずみんが乙女を、ぬーがマリオネットとYes♪を、ミンゴスが隣に・・・をカバーしたと聞いたとき「組み合わせがわかってらっしゃる」と正直思いました。
だからこそ、はらみーにはぬーの曲を歌って欲しいと思ってました。そしたら物販で並んでる途中、流れてきた遠山さんのTLでNEXT LIFEを歌ったことを知ってしまったときの嬉しさと悲しさねw
いや、情報は先に仕入れたくなかったんだよおおおおw
それでも、やはりはらみーのNEXT LIFEは最高としか言いようが無かったです。
ぬーとも違う滑らかでエロ・・・もとい妖艶な動き。同じ曲でもこうまで違うのかとここでも765プロのすごさを確認。
まぁ、その後のミンゴスの暴露話は爆笑しましたがねw
もう一つのカバーがふるふるフューチャーということでプロジェクトフェアリーの絆も感じられた気がします。
そしてまさかのLTP曲2曲。
瞳の中のシリウスはミリオンのライブで見たものとはまた違ってしっとりと貴音をそこに見た気がします。
顕著だったのはアウトロの手の動きかな?右手を大きく広げてから二回持ち上げるような動きするところ。
ミリオンガールズのときはクイックイッと緩急があったのに対してはらみーはふわっふわって感じでゆったりと。
どっちも素晴らしいってことなんだけどさ!w
ビデオではらみーの暴露話があったあとに聞く恋花も良い。

・その他ガールズ。
座談会・・・この中に一人、未婚者がおる(やめたれ)。ベリーショートにしたニゴちゃんのあのヤンママ感はなんなんだろw
アンコール・・・殺す気かw
一本締め・・・くぎゅうううううううううううううううううううううううう!!

・バンドメンバー
いじられる姿も堂に入ってましたw
慶さんに「大好きー!」コールをするとは思わんかったw
もっちーも相変わらずかわいいし、ストリングスのみなさんもサイリウム持ってノリノリでいい感じでございました。



ということで9th名古屋感想でした。
今回は一日で書き上げたぞーw

いや、でもさすがに往復1100kmを車はちとしんどかったwもうやらんぞっと。
プロフィール

無法召喚

Author:無法召喚
卓m@sの隅っこに生息してる底辺Pです。
アイマス×特撮にも出没予定?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。