スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIVE THE@TER DREAMING 05 発売記念イベント 感想

幸せすぎる週末を過ごし迎えた月曜日・・・風邪引いたーwいや、咳が止まらん程度で熱は無いんだけどねw

それはともかくとしてLTD05イベント感想です。
私が参加したのは夜の部。

LTHのときと違って仕事終わりに東京直行という強行軍スケジュールだったため、到着は列形成時間ギリギリ。
というか、詳しいことは次の記事に書きますがイカタコのときと同じ場所で渋滞に捕まったときはちょっとトラウマ再発しそうでした(まぁ、さすがに開演時間には大きく余裕ありましたけど)
で、こういうリリイベって参加二回目なんでLTHのイメージが全てだったんですけど、アレ結構例外な形だったんですねw
前回のときは昼の部の時点でTシャツ売り切れで買えなかったって同僚さんもいたんですが、今回は夜の部終了後も普通に売ってて「アレ?」とは思いましたw
買えたんでありがたかったですけどw
色合いもいい感じに落ち着いててすごく好みの配色なので嬉しかったですね。

前回はそれこそ400人中の100番という良い番号で最前を取れたのにあえて取らなかったことを後悔したので46という6th以来の良い番号を活かすべく、端でも良いから前の方へ(さすがに最前は取れなかったけどそれでも前から二番目)
誤算だったのはイメージがLTH0102だったので椅子があって場所取り可能だと思ってたんですが、オールスタンディングでトイレ行かなかったこと。つか東京トイレ少ないよ・・・w
さすがに漏らしてませんよ?ほんとだってば(余計に怪しいわ)

そんなこんなもありつつイベント開始。
右端の場所をとっていたのですが、Y㌧りえしょんのほぼ前の位置(まぁ、待機中に昼の部の話が聞こえてきたんで狙ってはいたんですが)
いやぁ、Y㌧ほんとスタイル良いな!
それこそ3週間前に生で見ているとは言え、目の前だと迫力が違うw
そしてりえしょんのうるささよw
今回はMCをY㌧が務めるとのことだったのですが、りえしょんのマネをしてそれをりえしょんがツッコむという形が熟練の漫才師並の息の合い方で「あぁ、こいつらどっちかと言えば一門側だった」と思い直しましたw
そして自分の中ではじめましてなのが茜ちゃん役のちゃきさんと、ロコ役のあつひめ。
ちゃきさんは初イベントながら終始笑顔でイベントを心から楽しんでるなぁというのが伝わってきました。
あつひめは某オレンジの球団のファンということで、虎キチY㌧とのバトルが面白いことになってましたw

今回のコーナーは俳句対決
Y㌧りえしょんチームの句は
「なんでやねん と、いうことは?りえしょんは」(Y㌧「りえしょんは季語」りえしょん「オールシーズンだから」)
「バレンタイン もちょと私は 甘々ぞ」(はらみー「もちょとってどういうこと!?」りえしょん「せめて私って書くところでしょー!?」)
はらみーすーじーチームの句は
「USJ 此花区に かえれない」(はらみー「USJは季語」すーじー「オールシーズンです」)
「雪融けて 新たな道へ かき氷」
ちゃきさんあつひめチームの句は
「梅咲いて みんなの笑顔も 雅かな」
「道頓堀 銀杏なる道 定番ね」(Y㌧「道頓堀だったら阪神ファンが飛び込むちゃうの?」あつひめ「何年前の話ですか?」)
勝利チームはちゃきさんあつひめチーム。
昼の部では惨敗したらしく、さんざん敗者敗者煽ってたY㌧も「初イベントのちゃきさんがトラウマ抱えたらどうしようかと思ってた」と心情を吐露してたのがしみじみしました。

ライブパート
・夜空に輝く星座のように
仙台でも生で見たわけですが、間近でみたときのダンスの妖艶さとキレの良さがすごい。
決め顔で通さなきゃならないのに向かい合わせになったときに思わず笑顔になっちゃうって話にはほっこりしました。

・fruity love
かわいいの一言につきるかなと。
ダンスも初々しさと元気良さがいい感じに混ざってとても楽しかったです。
3rdライブでは残念ながら別公演の組み合わせなので、ここで見れたのはいい思い出になりそうです。

・秘密のメモリーズ
Y㌧りえしょんを先ほど熟練の漫才師と言いましたが、こっちの二人は姉妹感が半端無かったです。
それでも2週間前のレッスンで初顔合わせだというから驚き。(LTDのドラマも別撮りだったのね)
こちらもミリオンならではのオシャレでかっこいい仕上がりでした。
ほんとまた大きなライブでも見てみたいなー

・Dreaming!
もはや定番曲として落ち着きましたね。
この曲のフォーメーションのときははらみーちゃきさんが目の前でした。
挨拶が先だったのでそのときの涙をためたまま、それでも笑顔で歌うちゃきさんが尊かった・・・


ミリオンの3周年のちょうどその日に行われたある意味アニバーサリーイベント。
参加出来て何よりです。
特にちゃきさんとの出会いは自分の中でかなりの衝撃のような気がします。
あと、はらみーがきちんと先輩してたなーという印象を受けました。
AS組では末っ子的ポジションでも、ミリオンの中ではお姉さんなんだなーと感慨深くなりましたね。

ということでのLTDイベント感想でした
このままあすパらも感想書くつもりですが、風邪を治すことを考えて明日に回しますw


THE IDOLM@STER LIVE THE@TER DREAMERS 05 [ (ゲーム・…

THE IDOLM@STER LIVE THE@TER DREAMERS 05 [ (ゲーム・…
価格:2,484円(税込、送料込)


スポンサーサイト

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 3rdLIVE TOUR BELIEVE MY DREAM!!@SENDAI

久しぶりというレベルではないぐらいの更新になります。

ということでタイトル通り、ミリオンツアー仙台公演に現地参加してきました。
ミリオンのイベントとしてはLTH01・02以来1年半ぶり(2回目)。
今回は9th名古屋の反省を活かし、前日物販を利用して買い物関係はほくほく。
牛タンなど、地元グルメも楽しむ時間もあったので久々にゆったりとしたライブ参加でした。
(とは言え、父親の実家がある+ライブ会場付近に数年前まで両親が単身赴任してたのでそこまで旅行って気分でもなかったですがw)

入場してからタオル+名刺入れ忘れるなど小さなトラブルはありつつも3階18列目に着席。
まぁ、要するに最上階最後列です。Aブロックなので角度もあるというね(苦笑
それでも半年前の西武ドームに比べたらだいぶ近いなという印象は受けました。ガールズの顔はモニタ見なくてもだいたい判別出来たしね。(これが後に後悔の元に・・・)
また声優界にインフルが暴れまわっててワンフェスなんかじゃいろいろと欠席や代打が目立ったりという中で全員無事だったのは何よりだったんじゃないでしょうか。

ということで感想はいつもどおり演者ごとに。

みっく
「やばい、りえしょんみたいになっちゃった」
仙台リーダーその1。
前半こそ出番は少なかったものの後半は怒涛の大活躍。
なにげにTrysailの三人全員とデュオしたっていうね。
最後に退場するときにナンスの頭をぽんぽんと撫でる姿は本当に尊いものでした、

ナンス
「私もだいぶ気持ち悪かったっていうね」
仙台リーダーその2。
みっくとは逆に前半頑張った人。
ぽぽちゃんに対する愛が、もちょとかゆきちを彷彿とさせるように・・・いや、夏川家の三女への愛でだいたい片鱗は見せてたんですけどねw
ラストのThank youで「止められな~い」のときにもちょと一緒にぽぽちゃんに抱きついてたのは見逃しませんでした(しかもわざわざもちょの逆側にまわってまで)
気丈に頑張ってたけど、最後にポロっと涙をこぼすのにはもらい泣きしました。頑張ったね。

Machico
名古屋から1周間しか経ってないとか感じさせない元気っぷりを発揮してくれました。
Helloコンチェルトからのpiece of cakeという毛色の違う二曲を連続で歌いきった姿は美希の後継者であり、ミリオンのエースを体現する姿だったと思います。

もちょ
「シチュー!!!」
もちょでした。
お姉ちゃんって言われるだけでなんでもやるもちょ、マジもちょろいw
そして食べ物にたいする安定の食いつきねw
little trip around the worldで伊織の代役を務めたときは思わずガッツポーズ。ピンクの系譜としてやってくれるかと思ってたので嬉しかったです。

天ちゃん
「もちも・・・もちょも」
ドヤ宮さんは仙台でも健在でした。
テンション上がって残像が出るような動きも健在で、天ちゃん楽しんでるなぁと嬉しくなったり。
Thank youでナンスと腕くんでグルグル回ってるのも見てて微笑ましかったです。

ゆうちゃ
「1stのリベンジが出来ました」
個人的に一番楽しみにしてた人。
やっぱり1stのときにソロ曲で泣いて歌えなかったこと(見てる側としてはあれはあれで良いものなのですが)へのリベンジをしてもらいたかったのでそれを現地で見れたことはとても良い思い出になりました。
君だけの欠片では正座スタートでこのHRカードを彷彿とさせるのがにくい演出だなぁと。
君だけの欠片
カバーのDREAMも素敵だったのですが、やっぱりいっぱいいっぱいを歌って欲しかった・・・w

ゆんこん
「生きてます」
相変わらずのリアル可憐っぷり。ほんと応援したくなるんですこういう人。
G♡Fみたいな元気でカワイイ曲から、ちいさな恋の足音のようなバラードまでいろんな表情を見せてくれました。
なにげにカバーメドレー直後のMCでぽぽちゃんとイチャイチャしてたのが良かったです。

ぽぽちゃん
「こうやってみんな子供扱いするの!」
今回のダークホース。
いやね?LTDイベントの写真とかで小ささとかは解ってたつもりだったんですよ。
でもOPでDreaming!歌ってるのを見て「うわ、マジちっちぇ!(距離の問題ではなく)いやでもゆい㌧と並べるのはずるいよ、身長差のネタはシンデレラのときに・・・ってゆい㌧じゃねぇこちまだ!?こちまがでかく見える・・・!?」と何故かパニック起こしてましたw
なんというか公演中ほぼぽぽちゃんを追ってた気がする・・・w
小さな体ででっかいダンスを踊ってたり、MCで上のセリフがあったりと何このリアル育ちゃんって感じ。
誰より小さいのに、誰よりお姉さんで、それでいてもちょを掌で転がしてる悪女っぷりもあって・・・最高かよの一言に尽きるのかもしれない。

りえしょん
「伊達政宗って三日月の角つけてる人でしょ?知ってるよ~?」
いや、生りえしょんマジうるさいw(褒め言葉)
ただナンスが言ってた通り、いるだけで気温が上がるのが解るのはほんとすごい。
りっちゃんのパートを代任することも多くて律子の弟子として見てる自分としてはほんと嬉しいセットリストでした。

ゆい㌧
みんなの従姉妹!
こちらも安定の早送りダンス。ダンスがビシっと決まるのがほんと素晴らしい。
夜空に輝く星座のようにもSuper Loverを経て妖艶さを増した気がします。


・成長Chu→LOVER!!
ちょっと後悔してる曲。
いや、上で書いた通り基本的に現地参戦するときはモニタは極力見ずに自分の肉眼で演者を見るようにしてるんですが、それが仇となってハートマーク演出見逃した・・・
二人がでっかいハートを作ってるのは解ったんですが、モニタに素敵なことが起きてるとは・・・
せめて正面の席だったら解ったんでしょうけどね。
ということでLantisさん、全公演のBDBOXよろ!

・765カバーメドレー
なんというか、りっちゃん祭りでしたw
バレンタインは2月だし外せないだろうなとは思ってたんですがそのほかの曲が意外で。
しかも途中から「あれ?これバレンタイン以外全部りっちゃんがM@STER VERSION歌ってる曲じゃね?」と
SSA以来久しぶりにいっぱいいっぱいで全力コール出来てほんと楽しかったです(西武ドームのときは初日休憩後からの参加だったので・・・)
DREAMも自分のなかでTOP10に入ってる曲なので驚きつつも、しかもゆんこんが歌ってくれたことがすごい嬉しかったです。


ってな感じで本当に短くも楽しく燃え尽きた3時間でした。
終わって7時半になってないのを見たときは名古屋のときで解ってたのにしろ驚きました。
さすがに次の大阪公演は3時間というわけにはいかないと思いますが


で、ここから先ちょっとした愚痴とか(反転)

やっぱマナーの悪い観客(Pとは絶対に言わない)が目立ちますね・・・
開演前にBGMでアイルが掛かったときにテンション上がるのは構わない(つか上がるのは普通)んだけど、それで会場の中走り回ってしかも席を探してたプロデュンヌさん押しのけてまでってを見てがっくりきたし、怒りわきますよね。
デュンヌさん増えてきてるとは言え、こういうコンテンツでの女性ファンって大事なんだから(女性にだけ優しくしろってわけじゃないが)気にしろよとは思う。黄色のサイリウムバルログして走り回るってガキじゃねぇんだからほんとやめて欲しい。
あと愚痴ってわけじゃないけどキグルミとか動物マスクの奴らね。ドレスコードがあるわけじゃないけど、お前らはライブに何しに来てんの?とは思いました。プロデュースの意味履き違えてない?
ま、アニマル☆ステイション来なかったときは「ざまぁwwwwww」とは流石に思いましたけどねw
というかTL上に同じような感想持つ人がいて笑ったw


愚痴終わり。


次はニ週空けてLTD05リリイベ、あすぱらのダブル参加なのでそちらも頑張ってきます。

あ、あと動画もガンバリマス



THE IDOLM@STER LIVE THE@TER DREAMERS 02 [ (ゲーム・…

THE IDOLM@STER LIVE THE@TER DREAMERS 02 [ (ゲーム・…
価格:2,484円(税込、送料込)

CINDERELLA REAL PARTY 01~あかるくせいそにかわいくきよく~

久々すぎるほど久々のブログ更新でございます。

タイトルにもあります通り「CINDERELLA REAL PARTY 01~あかるくせいそにかわいくきよく~」の夜の部に参加してきました。


高速すっとばして3時間(会津→白河あたりまでは吹雪だったからちょっと事故覚悟したw)。
開演時間の18:30までに着けば御の字かなと思いきや開場時間に間に合ったのが僥倖。
お陰で物販がゆっくりと・・・蝶ネクタイが売り切れ・・・だと・・・?
すいません、絶対に売れ残ると思ってましたw
というかこっちのイメージとしては某名探偵コ○ナンぐらいの大きさかなと思ってたんですが意外と小さくてオシャレでした(出演者の方々がつけてたのをライブ終盤で発見)
せっかくの公録参加だし、メール送ればよかったなとか考えてたらなんと生祝電の受付が。
これ幸いにとその場でメール送信。まさか読まれるとはねーw

時間になり、箱番組李衣菜のトワイライトチャンネルからスタート。
ゲストはウサミン、紹介する曲は「アタシポンコツアンドロイド」。主催の二人も言ってましたがぬるっと始まるコールが面白かったです(多分最初だからコールいれていいのか遠慮してた人が多かったんだと思う)
トワチャンが終わると主催の二人が登場。
公録Tシャツにデレパーカーという上半身はラフな格好なのに、下半身はライブ用のミニスカートなのでふとももが眩しい。
そして生で見るるーりぃでけぇ、飯屋ちっちぇw
蝶ネクタイの完売に勝ち誇る二人。まぁ、前評判ひどかったからねw
ゲストのそらそら、まりえってぃも合流し、番組スタート。
祝辞では生祝電が3通読まれました。毎回「来てるかなー?」って探してたけど生祝電ばかりなのでいなかったらおかしいんですよ?w
で、3通目で読まれたのが俺。颯爽と手を上げたものの、中々発見されずにちょっとした羞恥プレイw
G4Uに関しての質問を送ったのですが同僚アイドルとしての意見を聞きたかったのでまりえってぃ指名みたいな感じにしちゃったんですがそらそらがすごい語りたそうにしててほんとごめんなさいって思いました。
つづいてズッ友の条件にてまさかの道玄坂登登場。
と思ったら昼も同じ流れをやってたらしい
メールの長さと重さに会場に集まるPもさすがに引き気味wそのうえでそらそらの「ちょっと気持ち悪い」発言がw
ふーりんどんまいw
まぁ、サマデレでコントを提案したそらそらがいて何も無いわけがなくデレパではD-1グランプリと題して漫才対決が行われました。
夜の部ではるーりぃ・まりえってぃの「まりっじぶるぅ」と飯屋・そらそらの「なおみ、そらそら、飯いなり。」の対決。
後者のコンビ名は完全にアドリブらしい。そっかー新鮮な響だなー(棒)(そらそら「考えたの飯屋さんなので私に責任はありません」)
ちなみに昼の部はコンビが違ったらしく、あせかきーずそらえってぃVS病み上がりーズでそらえってぃが勝利したそうです(敗因は道玄坂登とのこと)
内容は「まりっじぶるぅ」がシンデレラ一門の母まりえってぃ宅での状況を再現コント。
「なおみ、そらそら、飯いなり。」はそらそらのネタ帳にあった「セクシー魔貫光殺砲」とは?についてでした。
「まりっじぶるぅ」は漫才の基礎がしっかりしてるコントで普通に面白かったですwほぼアドリブってマジかw
「セクシー魔貫光殺砲」についてはそらそらがしっかりとマジュニアさんの魔貫光殺砲を再現したときに飯屋が「マカンコウサッポウ」のポーズをしてたのがツボでした。
ちなみに飯屋版「セクシー魔貫光殺砲」はパーカーの前を全開にするという、人によってはセクシーであることに間違いないポーズでした。ええ、人によっては
ちなみに勝利したのは「まりっじぶるぅ」。(瑠璃子「あれ?この中に全敗した人がいる」)
D-1グランプリが終わると箱番組「未央のミツボシ☆☆★アイドル」で智恵理のファッションチェックをしてラジオパートは終了。

ライブパートに移ると思いきや謎の映像が・・・登キター!?
はい、福原綾香嬢演じる道玄坂登氏のメール職人への道という謎ビデオが流ましたw
ふーりんはどうしてこうなっちゃったの・・・あ、割と最初からこうかw
道玄坂登氏の格好は髪を後ろに結んで、丸眼鏡をかけて上下灰色のスエットという野暮ったい格好。
なんとなく仲間由紀恵がこんな格好ドラマでやってそうって感じでしたw
そして明かされるズッ友の条件でのメール内容。400字詰め原稿用紙2枚弱・・・!
会場のPから「なげぇ」というツッコミがあふれておりましたwマジで長いし重いわw

道玄坂コーナーが終わってライブパート。
セットリストは
1.Star!(全員)
2.ミツボシ☆☆★(飯屋)
3.TwilightSky(るーりぃ)
4.メルヘンデビュー!(まりえってぃ)
5.風色メロディ(そらそら)
6.流刑地ロックデレパDEナイト(飯屋、るーりぃ)
7.お願い!シンデレラ!(全員)

ミツボシ☆☆★はさすがのノリの良さ。LVでも絶叫したけど、やっぱ生のときはよりテンション上がりますね。
座席が6列目だったのでトワスカで念願のUOが振れました(SSAのときは黄昏再現なかったしね)
メルヘンデビューではまりえってぃが渾身の大の字ジャンプ。6thのときのひろりんを思い出す大ジャンプでした。
なんでも代々木のときからやりたかったらしいが関西弁の偉い人(いったいダレ1なんだ・・・?)に止められたそうです。今回は「まぁ、デレパやし」でOKだったとのこと。(まりえってぃ「そんなこと言う割にはめっちゃダメ出しするしね」)
そして初の生風色メロディ。飯屋じゃなくても俺消えるわとか思ってました。
初披露の流刑地ロックデレパDEナイトはモニタに歌詞が流れ、一部の歌詞に縦読みが仕込んであることが判明(飯屋「縦読み?なんのこと?」瑠璃子「いちごって書こうと思ったのに野いちごにしちゃったんだよねー」)


と、こんなかんじの楽しいイベントでございました。

まぁ、一つ難点を言うなら隣の方が振りコピ+ジャンプ勢だったこと。
いや、振りコピすべてが悪いとは言いません(ススメ★オトメは俺も振りコピ派ですし)けどほんとに完コピで腕を横に振る動きが逆なのが鬱陶しかったです。
あとジャンプだけはマジで勘弁。こっちはまだ隣だから鬱陶しいだけで済んだと思いますけど、後ろの席の方の心中はご察しします。
勢い余ってサイリウムを前の人、隣の人にぶつけてしまったとかは許せるんですが(よくあることですし、今回も何度かありましたし)ジャンプだけはどうもねぇ。開演前に注意されなかったからって少し考えれば後ろの人に迷惑になるとわかると思うんですけどねぇ。
この一点以外はほんと最高のイベントでした。



ちなみに公録終了後、公開初日だった蒼き鋼のアルペジオの劇場版も見てきました。
アイマス声優増えすぎじゃねw生徒会メンバーの3/5がシンデレラガールズだぜw
重要キャラのムサシはくぎゅだし、モブに莉緒役のちくわさんいるしw
公録後だったのもあって蒔絵とミョウコウの発言の時に笑いを堪えるのに必死でした、ごめんなさいw

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

LIVE THE@TER HARMONY01&02発売記念イベント 感想

ということで9th名古屋の興奮と疲れの冷めないままLTHイベント参加してきました。


前の週に車で往復1100kmとかバカなことやったので今回は高速バスで移動。
最後に東京まで高速バス使ったのってなんだかんだ言って7th以来だったので(SSAのときは車移動)サービスエリアが色々変わってることに驚きつつ昼前に東京駅到着。

会場は浅草橋駅近くのヒューリックホール。
事前物販の開始が12:30からということで名古屋の悪夢を思い出しつつも正午に会場到着。
うん、並んでたねねいっぱいw

さすがに始発組などが何百人といたわけでもなく1時間並んだ程度で目的のTシャツは買えたのでOK。
タオル?いや、さすがにライブで買ったタオルがもう4~5枚あるのでさすがに良いかなと。いや別に給料日直前の上に名古屋で散財したから予算が無かったわけではないですよ?ええ。
ただ、やはり売り切れが出たというのは驚きだったり。
会場限定グッズがイベント参加者に行き渡らないという状況はどうにかして欲しいところですよね。
まぁ、ただ数を増やせば良いって問題でもないので難しいのはわかるんですが。

物販後は軽く食事をしてから14:30の開場を待ちます。

今回は整理番号100というキリの良い数字。
いや、だから何かがあったってわけじゃないですがw
それでも参加者400人なので結構前の席を取れたのは良かったかなと。
自分が席についたあとも10分ぐらいは最前列が空いてたのは解ってたんですが演者の正面+端っこの椅子ってのは結構大事なポジションだったのでちょっと後ろぐらい(それでも6列目ですが)で妥協しました。
自分の目の前に自分よりでかいP(自分が172cm)がいたのは誤算でしたがw

イベント開始を告げる曲はGrowingStorm!
曲始まりなのは何故か予想してたんですが、「イベントへようこそ!」の意味を込めてのWelcome!だと思ってましたw
何よりこの曲で何が快挙かってミリオンイベント史上初のユニット勢揃いでの歌唱ってことなんですよね。
LTPのユニット曲はAS組が必ず入ってる都合上ミリオン単独イベントでは揃うことはないし、LTP発売イベントでも全員が揃ったことはなかったんですよね。
一番勢揃いに近かったのが中野ライブでのBlueSymphonyでしょうか。
残念なのが前説のえいちPから「ユニットが揃うのは今回が最初で最後」と明言(?)されてしまったことか。

曲が終わると自己紹介をしてコーナーに。
今回の企画はユニットの息を合わせられるか。
テーマは「Pに教えてもらいたい教科」
ナンスが漢字弱いってのはトラハモでよく言われてましたけどプロの声優が揃いも揃って「読めない」「読めない」をいうのはどうなのかとw
それはともかくとして結果は5人全員が「数学(あべりかさんだけさんすう)」と書き正解。
ご褒美スイーツゲット!
まぁ、ここらへんはミリオンらしいクロストークで内容が全然わからんw
ナンス「三角関数とか全然わかんない」ミック「わかる~!」おいLJKw
こちま「三角分解とか全然おぼえてない」分解ちゃうしなw

歌パートに入り、トップバッターはイベント初参加のあべりかさん。
イベント初参加ということもあり、さすがに緊張を隠し切れない様子でしたがかわいらしさは満点で何度ハートを撃ちぬかれたかわからないぐらい。
欲を言えばPOKERPOKERも聞いてみたかった!

2番手はナンス。
相変わらずのハイテンション曲もさすがの調子で歌いきってました。
が、まだまだ課題が残るしそれを超えて行きたいと力強い宣言。本当に高校生なのかこの子は。
しかも中野であれだけすごいものを見せたHappyDarlingに関しても「完成形に近づいた」とまだまだ向上心があるのは素晴らしい。
応援するよ!

3番手はミック。
スパルタダンスレッスンで有名なStylipsのメンバーなだけあり、間奏だけながらも見せたダンスはさすがのキレ。
百合子というおとなしくダンスが苦手というキャラにしておくにはもったいない感じもしますがだからこそ映えるものもあるんだろうなぁ。
風の戦士ポーズもビシっと決まってかっこいいんだw

4番手はこちま。
つばってぃーの力を借りたいとスターライトステージに近い衣装を着てきたこちま。
つばってぃーのカードをあまり持ってない自分でもその完成度が高いと解りました。
他のメンバーに比べて一人ギラギラで目立つんですがそれが似合うこと似合うこと。
そして新曲のBelieve my change!の格好良さがまたなんとも言えない。多分こちま本人としてはこっちの曲の方が歌いやすいんじゃないかなとは思いました。結構歌唱パートが変則的で難しいのにねw
あとポニテが動く動く。

トリを務めるのは我らがリーダーぴょん吉。
正直中野ライブを乗り越えたぴょん吉ならこの程度のイベントなどいつものラジオの延長線だろうと思ってました。
が、未来飛行の後半から様子がなんだか涙ぐんでる?
曲の煽りは素敵なキセキ以上の煽りでようやく名古屋のダメージから回復しかけた喉をまた潰すところでしたがw
曲が終わったあとのトークパートで今まで30回近く歌ってきた素敵なキセキからまた色の違う未来飛行を歌うことへの不安を語ってくれました。
かなりの回数のイベントをこなしたぴょん吉でも不安になることがあるんだなと軽くもらい泣き。
そしてまた上がる繪里子株w
ぴょん吉本人のPを信じてよかったとかもそうだけど赤い人は基本トークがずるいw
全員が揃ったときに涙を拭きに一度退場といつかのライブを思い起こさせることもw
ぴょん「ころあずみたいなことを・・・」ミック「懐かしいなぁ、パシフィコ・・・」そうだよね、ミックもいたもんねあの現場w

ラスト曲はもちろんWelcome!。
Aメロのおしりを振るダンスがめちゃくちゃ好きなんです。
相変わらずの思い出ボム曲でほんといい曲ですよ。

そんなこんなであっという間の1時間でした。
なんでLTPのころから応募し続けなかったかなぁ。1回ぐらいはチャンスあったんじゃなかろうか。
過去の自分を叱りつけたい気分でいっぱいです。

次回のLTH03・04ももちろん応募する予定です。目指せTシャツコンプリート!

THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!! 名古屋公演感想※2日目のみ

ということで、ライブ参戦してきたので感想いきます。


初参戦ライブが6th東京(10人)、その後7th(13人)、SSA(35人)と見てきたので今回の6人というのは少なすぎると正直思ってました。
アイステでディレ1が「今回のテーマは「これぞ765プロ」」と発表したときも「だったらもうちょい人数揃えろよ」とすら思いました。
一応途中からは「まぁ、人数少ないなかであれこれやるのも765プロらしいと言えばらしいかな?」と思うようにはしましたが。

結論:ごめん、俺が間違ってた
映像参加も合わせればAS組全員参加、6人で32曲4時間以上の長丁場。まさに765プロ。

トロッコのお陰ですべての席が神席となる演出は素晴らしいでは足りないぐらい素晴らしかった。(場所は選ぶんでしょうけどね)
特に俺はアリーナ20列目、60番台だったので自己紹介のときにはらみんじゅりの三人がほぼ目の前。
マイクで拾う前の声が直接聞けるという位置に感謝。
初参戦の6thのときに最前列という奇跡を体験して以来、あまり席に恵まれなかったので参加できるだけの運だけ残して6thで使いきったかなと思ってたんですがほんと良かった。
気持ち的には6thのときより距離が近く感じました。ガールズみんな顔ちっちゃかったなぁ。

さて、ここからは個別に感想を


・物販
名古屋限定の青Tが直前で完売しました・・・あと30分早く参加してれば・・・ホテルでうだうだ悩んでた自分がバカだった・・・
黒TもMしか買えなかったしなぁ。入ってよかったよ。
よくよく考えれば黒しか買えない時点で通販に決めても良かった気がするけど、あの場で買うってのが大事だよなと自分に言い訳。

・レイヤーさん
アイマスライブではよくコスプレイヤーさんを見ますが、私服の響と真美をやったレイヤーさんの完成度がすごかったのが印象的でした。
最初本当の私服かと思って「髪型すごいなー、衣装はこれからなのかな・・・あれ衣装じゃん!」と二度見してしまいましたw
あとJupiterが揃ってたのも面白かったですw

・中村先生
いや、ほんとこの人はずるい。
前半終了のトークでは「下手か!」なんてツッコミを受けるほど雑なトークしたと思いきや自分のパートでは急にしおらしく今までの道程を噛み締め、こちらへと感謝を述べる。だからこそこの人についていきたくなるのかもしれない。
これまでのライブの定番であった乙女よ大志を抱け!をあずみんのカバー曲として提供したためか今回は封印。
それでも春香らしさを十分に出せるSTART!!、格好良さのVault That Borderline!、そして締めとして歌い上げるさよならをありがとう。
特にさよならをありがとうは7thのときよりも春香が降りていた気がします。
降りていたというよりはトーンを春香寄りに変えたかな?と。7thのときは地声に近いちょっと低めで歌ってましたからね。
どっちも好きだけど。

・ミンゴス
ミンゴスは先生のトークをずるい と言いましたがミンゴスのトークも相当だと思いますw
てか、最後の挨拶のアレは何さ。完全にプロポーズじゃん。
もうえりんごすは結婚すれば良いじゃん。
もうえりんごすは結婚しちゃえば良いじゃん。

大事なことなので大きく二回書きました。
5th以来となる蒼い鳥、すなわち俺は生で聞く初めての蒼い鳥。TVアレンジとは言え、さすがアイマス創世記を支えた名曲だなと感じました。
カバー曲がFirst Stageだったのもちょっと胸に来ました。
雪歩の声優があずみんになってはや4年、俺のアイマスの出会いが2008年の頭ぐらいだったことを考えると雪歩の思い出は半分以上あずみんのものなのですが、この曲とKosmos, Cosmosに関してはやはりゆりしーのイメージが強いです。
Kosmos, Cosmosも大阪であずみんが歌ったりと、ゆりしーもまだ仲間なんだよ というメッセージなんじゃないかというのはただの妄想でしょうか。
まぁ、それを考えるとミンゴスのプロポーズもちょっと意味深な感じもしますけどね(「私達は諦めずに~」のくだり)
それはさておき、この曲のときにゲームのダンスをきちんと取り入れてたのはニヤリとしたし、むしろそれこそアイマスライブの原点だなぁとも思いました。

・ひろりん
ほんとにこの人は経産婦なのかwいやSSAで既に経産婦なんだけどさw
声は力強いし、踊りは力強いし。待ち受けプリンスのセリフは卑怯にも程があるw
そして何よりラ♥ブ♥リ♥のかわいさよw
あと、ひろりんにはごめんなさい。おもいでのはじまりは曲が流れた瞬間に、アイマスタジオの会話が脳内再生されて感動しつつも「中村ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」って思ってましたw
そしてトークパートでまさかその話題に触れるとはw
埃事件とかも、そういうとこまで含めて765プロだなぁと感心しちゃったよw

・あさぽん
HHBでの名古屋煽りとか、リゾラでの水着のくだりとかほんとライブを楽しんでる感じが素敵。
バンドメンバーいじりなんかはまさに双子のいたずらそのもの。
スタ→トスタ→でまさか公式ででかでかと「とかちすかとかちす」とか出すとは思わんかったw
HHBからスタ→トスタ→で盛り上げておいて、微笑んだから、気付いたんだ。で大人っぽく締める。
双子はずるいよ、何をやっても許される。

・じゅりきっつぁん
ほんとに経産婦かあんた(その2)
というか、出産後のライブが年々ノリノリになっていってる気がします。まぁ、ノリが昭和なのはご愛嬌ということでw
自分は前述の通り6thからの参加でそれ以前のじゅりきっつぁんはラジオのゲストぐらいしか知りません。
ただ、ひどく緊張しいの泣き虫だという噂は常々聞いてました。
そんな人がここまで大舞台でノリノリになれるのかと。
ID:OL→空→光のコンボはもう全部が全部涙腺に来てほんとやばかった。バネPのラップも聞けたのは良かった。

・はらみー
毎度毎度言いますけど、双子でトーク担当と歌担当で分けてるんだよね?w
そんな与太話はさておき、彼女に関してまずいうならNEXT LIFE最高。
実は大阪公演後にあずみんが乙女を、ぬーがマリオネットとYes♪を、ミンゴスが隣に・・・をカバーしたと聞いたとき「組み合わせがわかってらっしゃる」と正直思いました。
だからこそ、はらみーにはぬーの曲を歌って欲しいと思ってました。そしたら物販で並んでる途中、流れてきた遠山さんのTLでNEXT LIFEを歌ったことを知ってしまったときの嬉しさと悲しさねw
いや、情報は先に仕入れたくなかったんだよおおおおw
それでも、やはりはらみーのNEXT LIFEは最高としか言いようが無かったです。
ぬーとも違う滑らかでエロ・・・もとい妖艶な動き。同じ曲でもこうまで違うのかとここでも765プロのすごさを確認。
まぁ、その後のミンゴスの暴露話は爆笑しましたがねw
もう一つのカバーがふるふるフューチャーということでプロジェクトフェアリーの絆も感じられた気がします。
そしてまさかのLTP曲2曲。
瞳の中のシリウスはミリオンのライブで見たものとはまた違ってしっとりと貴音をそこに見た気がします。
顕著だったのはアウトロの手の動きかな?右手を大きく広げてから二回持ち上げるような動きするところ。
ミリオンガールズのときはクイックイッと緩急があったのに対してはらみーはふわっふわって感じでゆったりと。
どっちも素晴らしいってことなんだけどさ!w
ビデオではらみーの暴露話があったあとに聞く恋花も良い。

・その他ガールズ。
座談会・・・この中に一人、未婚者がおる(やめたれ)。ベリーショートにしたニゴちゃんのあのヤンママ感はなんなんだろw
アンコール・・・殺す気かw
一本締め・・・くぎゅうううううううううううううううううううううううう!!

・バンドメンバー
いじられる姿も堂に入ってましたw
慶さんに「大好きー!」コールをするとは思わんかったw
もっちーも相変わらずかわいいし、ストリングスのみなさんもサイリウム持ってノリノリでいい感じでございました。



ということで9th名古屋感想でした。
今回は一日で書き上げたぞーw

いや、でもさすがに往復1100kmを車はちとしんどかったwもうやらんぞっと。
プロフィール

無法召喚

Author:無法召喚
卓m@sの隅っこに生息してる底辺Pです。
アイマス×特撮にも出没予定?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。